美容

痩せるために考えてることとか

※この記事は私の独断と偏見によるものであり、医学的見地に立ったものでは一切ないことを最初に断っておきます。むしろ健康上よろしくないです。多分。

一番大事なポイント

「空腹の基準を変える」
とにかくこれに尽きる。

あなたの空腹はだれかの満腹

減量はなぜ苦しいのか。それは空腹感を味わうから。空腹だからじゃない。

何が言いたいかというと、
腹7分目を下回ると空腹感を感じるデブ
                      VS
腹3分目を下回るまで空腹感がないスレンダー

こんなの勝負にならないよねってこと。

体質によるところも大きいけど、後者に近づけることが「無理なく」痩せる近道だと思っています。いわば脳みそ(満腹中枢)との勝負。
カロリーと戦うな。自分を騙せ。

最悪なのはダラダラ食い。
胃の中に食事が滞留するのはもちろん、満腹中枢がぶっ壊れるのでいつもよりたくさん食べないと満腹感を得られなくなる。
空腹でも寝られる人は胃のサイズも小さくなり次に食べるときも少ない量で満腹感を得られるようになって一石二鳥。

1品多く食べてしまうだけでも×3食×7日間=+21食と1週間ではかなりの量になってるはず。

そして、ストレスが溜まっているときに食事をぶつけないこと。脳が錯覚して「食事」=「ストレス解消」みたいな回路が出来上がってしまうから。「食べるのめんどくさいけど食べないと死ぬから食べるか・・・」くらいのテンションになれたらほぼゴール。

体内の滞在時間を減らす

これも大事。同じ量を食べたら平等に太ると思ったら大間違い。お腹弱い人と便秘気味の人でも相当な吸収量の差が生まれるからね。運動(カロリー燃焼のためではなく)と食物繊維で便秘を解消しよう。

脳内麻薬を出す

食欲よりもっと強い欲求や快楽でごまかす方法。仕事に集中しすぎて食事忘れたみたいな現象を有効活用していくやつ。タバコ吸うことで食欲抑えられるって人もいれば、ギャンブルやSEXなど強い興奮で食への欲求をごまかす人もいるよ。

ちなみに

面倒臭さを伴う方法としては「レコーディングダイエット」っていうのもあって。これは食べたものと個数とわかる範囲でカロリーをノートに書いていくだけのシンプルなもので、続けさえすればすごく効果があるんだけど、そんなマメな人はこんなことしなくても節制できるから太らないっていうね。。。ちなみに相談してきたフォロワーは10日で全滅した。

ABOUT ME
ヴィヴィアン西木
ヴィヴィアン西木
無気力な社会不適合者。生きづらい人の味方。 資産運用や生活のお役立ち情報なんかをたまにブログで発信します。