投資・資産運用

(関連記事)必見!強制ロスカット問題とスワップ金利

本投稿は「私が国内より海外口座を選ぶ理由」 の関連記事です。

FXを始めた全員がぶつかる壁。

強制ロスカット

私の影響でFXを始めたフォロワー達にはこれだけは約束させます。

絶対に「ロスカットだけは回避しろ」と
裏を返すと、この一点だけ守れば勝てます。

とはいえ、周りを見渡してもロスカット経験がない投資家って聞いたことないんですよね。

私も今でこそ制御できるようになりましたが、学生のときなんてお金ないくせに無茶なトレード繰り返していたので退場経験は10回以上あります。

たとえば5万円の運転資金がロスカットされたとき、
50万円を再スタートのための運転資金として突っ込める人は気にしなくていいです。

証拠金で殴ればすぐに取り返せるどころかさらに利益も出すことは容易です。
ですが、大半の人はまず最初の5万円を増やしていきたいはずなので、今回はそっち側のお話。

無理のないポジション量

たとえば運転資金5万円から始める際のリスクはどこまで取るべきでしょうか。

個人的にはドル円で10,000pips(10円分)程度の逆行を想定した方が安全だと考えます。

XMのmicro口座に5万円初回入金した場合、有効証拠金が10万円になるので、注文数量は10(1万通貨)を上限とすればよいでしょう。
(私自身はギャンブラー気質なので100~300で動かしていました。)

これがユーロの場合は5、ポンドの場合は3といったように値動きの大きさ(ボラティリティといいます)に応じてポジション量の上限を調整します。

これを細かい範囲(0.3円〜1円など)で何度も売買するという方針であれば30〜50(3万〜5万通貨)くらいで動かしても構わないと思います。

ただ、100とかになってくるともはや1円動くだけで倍or退場になるのでもはやギャンブルでしかないです。全然否定しませんけどね、50%の勝負を3連続で突破すれば5万円が約100万円になりますし。

↑私も最初まとまった投資資金をこんな感じで作ってから低レバレッジによる安定運用に移行しました。

これらはあくまで短期的な時間での話であって、

ドル円の月足を見ればわかるように、2001年に135円だったドルが2011年には1ドル75円になってたりするわけです。長い目で見ればこのくらいは動く可能性があるんだな〜ってことは最低でも覚えておいてください。

スワップ金利について

質問の多いスワップ金利について。
投資経験がない人ほど、本業以外に毎日安定した副収入を求めているのですね。

スワップポイントとは

金利についてはみなさんが理解されているとおりです。

銀行に預けて100万円預けて一年後に100円くらい貰えるあれです。

日本は年利0.1%とかですが、海外では例えばトルコリラなんかだと年利18%とか。外貨預金と同じく、円でそっちの通貨を買えばその差額分(18%−0.1%)の金利が手に入るわけです。※厳密には証券会社によって多少ばらつきがあります。

1000万円分買えば年間180万円が入ることになるのですが、別に一年間持っていなくても日割りした分の金利が毎日日を跨ぐたびに受け取れるのがこのスワップ金利なんですね。

例えば私はドル/トルコリラを50ショートしていたのですが、それで毎日3千円の金利が入ってきます。なお水曜日は土日分がまとめて加算されるため3倍の9千円になっていました。
※要注意。ドルリラなのでショートポジションがリラ買い=ドル売りになります。国内口座でリラ円ペアの場合はもちろんロングポジションがリラを買うことになります。
※逆にポジションを取ると逆に毎日上記の金利を払うことになります。

でも注意!いいことばかりではないかも?

正直、初心者のうちからスワップ金利狙いは真似してほしくなくて、

というのも高金利通貨というのはその分不安定だからなんです。

そもそも資金を集める人が18%も出すって異常なことなんです。信用があれば0.1%でも集まるんですよ。知り合いが「お金貸して!半年後に倍にして返す!」とか言い出したら返ってこないなって思うあれと同じです。そのうち破綻します。そのリスクと引き換えの高金利。

万が一破綻しなければ大儲け。そんな感じ。

理由2つ目。
スプレッド広すぎ。ドル円の20倍くらい広いです。まずこのスプレッド分取り返すのに平日だとスワップ2日かかる。スキャルピングはまず向かない。

理由3つ目。
変動大きすぎ。日に5千円の金利が入ってくる状態だと、そもそもの為替差益が日に5万〜20万円動きます。スワップ金利なんて気にならないくらい動くので最低でも100万円規模の証拠金がないとすぐ飛びます。もしくはロットを下げるか。日に500円でも金利つくのすごいことですよ?

とにかくスワップ金利をコツコツ貯めてるうちにロスカットされたら終わりです。

退場しないラインで勝負しましょう。

ABOUT ME
ヴィヴィアン西木
ヴィヴィアン西木
無気力な社会不適合者。生きづらい人の味方。 資産運用や生活のお役立ち情報なんかをたまにブログで発信します。